まとまらない話し。

2017・12・28


ジョンヒョンがいなくなってしまってから10日が経ちました。
まだたったの10日な気もするし、もう10日も経った気がするし……ただ困ったことに、受け入れるどころか日に日にぜんぶ嘘だったんじゃないかなって思えてしまいます。
本当にいなくなっちゃったんだなって、まだ思えないです。思える日が来る気もしないです。
そう言えば、パパが亡くなった時も全然信じられなくて、目の前で起きてることなのにすごく現実離れした事みたいに思えて、実感が湧かないまま何年も過ぎて、そのうちにそのまま会えない生活が当たり前になっていって今に至ってる気がします。
何年も離れて暮らしてたし、ママには会っても忙しくしてたパパには頻繁に会えてたわけじゃないので、パパに会わない生活はすごく自然で、お葬式やらのあれこれが終わってしまったらもう、本当にいつも通りだったわけです。
なのでジョンヒョンの事もそうなんだろうなと思います。
年に2度ずつくらいライブで会う以外は、海の向こうにいるジョンヒョンをSNSやネットで見る生活はいつもの事だから、全く実感がないです。
今年のうちに気持ちの整理をつけておきたくて、ブログに残そうと思ってパソコンを開いたものの、だから何を書いたらいいかわからないです。本当にまったく実感が湧かなすぎて。


なんでなの?って気づいたら声に出てしまうくらいに、あの日から今日まで、なんでこんな事に……って考えても答えが出ないことを何度も考えてみて、考えても考えても答えなんて出るはずなんてなくて、ひたすら苦しくて、でも悲しいくらいにわたしの生活はなんの変化もなく過ぎていきます。
変化と言ったら、娘ちゃんの部屋に飾ってあったSHINeeのポスターとジョンヒョンのグッズが片づけられた事くらいです。SHINeeはオニュから入って、そこからジョン寄りだった娘ちゃん……ジョンヒョンの歌声が大好きで、初めて自分で買ったCDがジョンのソロアルバムでした。
テスト勉強をするときは必ずジョンの声がBGMで、習いごと帰りの電車でも必ずジョンの歌を聞いていました。ジョンの声は癒される〜、だそうです。
そんな娘ちゃんは二日間泣いて目を腫らしていたのに、今はけろっとしています。考えると悲しいじゃん、だから考えないの、って。
あら、そう。でもそれ、すごく単純ですごく難しくない?
わたしは未だに途方に暮れてるっていうのに、驚くほど前向きです。若いからじゃない?って娘ちゃん……あながち間違いでもない気もします。
クローゼットの中のポスターは、折り目がつかないように真っすぐ綺麗に、ピンと伸ばした状態でしまってあります。冷静に見れるようになるまでは、クローゼットで休憩してもらうの、って。前向きな娘ちゃんの心の奥の悲しみが、胸に痛いです。



ジョンヒョンが鬱なのは周知の事実だったけど、つよし君をひっそり見守ってきたわたしは、この子もあと何年後かには今よりももっと自分らしさを発揮できる場所があるといいな、生きやすい道を歩けてるといいな、生きやすい方法が見つかってるといいな、と思ってたし、なぜだか当たり前にそうなるだろうなって考えていました。
つよし君がそうだったから、漠然とそう思っていました。
ジョンヒョンを知ってからのこの三年、ジョンにつよし君を重ねて見てたなんて言ったらどちらのファンからも怒られるかもしれないけど、つよし君が過去に抱えてたストレスとか、それに関する発言にすごく似ていることをよくジョンヒョンも言っていて、曲調とか歌詞とか歌声の変化とかも似ている部分があったりして、だからこっそり胸の中で、そういう事を聞くたびに(あとちょっとだよ、頑張れ!!)と思ってたりしてたのです。
今となってはなんでそんな事が思えてしまってたのか……。
でも馬鹿みたいにそんな風に思っていたので、今回の事が本当に衝撃的でした。
誰かと誰かの痛みが一緒であるはずなんてないし、比較しちゃいけないし、人の痛みや苦しみって計り知れないのに。
その人それぞれの限界値があって当たり前で、それはどれだけ親しくても把握するのは難しい。
苦しかったね。辛かったね。
ジョンヒョンが友人に託した遺書が、切なすぎました。
少しでもジョンの気持ちを分かりたくて何度も読んだんですが、何度読んでも胸が痛くなります。
後で知っても遅いのに、こうなってから知るSOSの数々……誰かに助けてほしかったね、救われたかったよね。

こんなにも悲しい決断に至った理由を、わたしなんかが分かるはずがないんですよね。
なんでこんなことに……ってどれだけ考えても、わたしなんかがわかるがはずがない。
その全部をきちんとわかることは絶対にない。
ジョンヒョンがこうするしかなかったほどの苦しみをわたしが理解できてたとしたら、もっと近くにいるジョンヒョンを愛していた人たちが理解できてたはずだから、わたしがどれだけ「なんでなんだろう」って考えても、わかるはずがないんですよね。
だから考えても仕方がないのに、それでも考えてしまいます。
なんで死んじゃったの。
何回でも思います。なんで死んじゃったの。

ジョンヒョンだってどれだけ周りの人に愛されて必要とされてたか分かってたはずで、それでも孤独だったのは、抱えている苦しみを共有できる人がいなかったからなのかな。
慰めてくれる人がいても、寄り添ってくれる人がいても、愛してくれてる人がいても、その人達に苦しみを訴えてみたところで、その100%がそのまま伝わることなんてなくて、伝わる気もしなくて……周りに愛をくれる人はたくさんいるのに、自分の中にある苦しみの深さは自分にしかわからなくて、だからジョンはきっとすごく孤独だったんだね。
愛されてるのにそれでも孤独なら、もう縋るところがなかったね。
ジョンは自分が出来るだけのことを全部やって、努力しきって、頑張れるだけ頑張って、我慢できるだけ我慢したから、あるときふっと何かが吹っ切れて、もうよくやったよねって最期を決めたのかな。

最期の日があの日だったのが、ジョンの優しさのように思えます。
メンバー全員分のお誕生日もきちんとお祝いして、可愛いマンネのソロライブも見届けて、キー君の授賞式も見届けて、収録や撮影も全部終わらせて、ソロライブも成功させて。
あの最後のソロライブは、まだこんな事になるなんて知るはずもなかったあの時にネットに流れてきた映像を見て、すごく良くて。その時にはもうそうする決断をしていたなんてとてもじゃないけど微塵も思えない、素敵な姿でした。
いつも通り格好良くて可愛くて、感動して。
あのライブの時にはもう自分の人生の最期を決めてたわけで、ジョンはどんな気持ちであのステージに立って歌ってたんだろうと思って、こうなってから改めて映像を観るとすごくすごく辛いです。
死ぬ日を決めて残りの時間を過ごすって、どんな気分だったんだろう。
もしかすると、苦しみからやっと逃れられる終着点が見えて、清々しくすらあったのかな……分かりません。


まったく実感が湧かないのに、切なさや悲しさにはきちんと襲われるという、わけのわからない状態が続いています。
もう5人並んだ姿が見れないなんて、うそみたい。
テミンちゃんを、可愛い可愛いっていう気持ちを隠そうともしないあの眸で優しく見つめるジョンがもういない。
オニュさんを横でそっとサポートするジョンももういない。
キー君の我儘を、仕方ない子だね、わかったよ、って聞いて甘やかしてくれるジョンがいない。
ミノの子供っぽい悪戯にのっかって子供みたいにはしゃぐジョンがいない。
たった1日、ジョンが体調不良でライブに出れなかっただけで、ジョンが恋しくて会いたくなっちゃったキー君。恋人同士みたいな感覚?って聞かれて、その時はそんな感じだった、って言ってたキー君の、出棺の時のあの涙が頭から離れなくて、すごくすごく苦しいです。
それなのにキー君、ジョンの気持ちを考えたら、この決断を少し理解できるって……ジョン本当に愛されてるよ(;;)
独りであるはずがないのにそう思ってしまうところも病気のせいだから、どうかあの遺書にあった”独りだった”っていうフレーズで、周りの方達が苦しんでいませんように……。

ああどうしよう……予想通りまったく話しがまとまらなくて、書きながら悲しすぎて涙で前が見にくいです。
最初で最後だから言っちゃうけど、ほんとのほんとのほんとは、なんで死んじゃったんだよばかあああああああ!!!!
です。
生きてて欲しかった。
歌をやめてもテレビの世界からいなくなってもなんでもいいから、ただ生きててほしかったです。どこかで元気に暮らしててほしかった。
残された4人のあんな悲しい顔、見たくなかった。
でも、なんだよね。
それでも、わたしもこの10日の間に、ちょっとはジョンの気持ちが理解できてきちゃったから、よけいに悲しいんです。
最初は、なんでなの、ばかばかばかばか、死んじゃだめじゃんばかばかばかばか、一番やっちゃいけないことだよなんでなの!
って思ってたのに、この10日間、時間をかけてひたすらジョンの気持ちをちゃんと考えてみると、この終わりは仕方なかった事なのかな、って、思えてきています。
キー君、さすがだね、あんなに辛い状況の中でも、すぐにジョンの気持ちを理解できてしまったなんて、本当にさすがだね、って、そう考えるとまた切ない。
理解したくないけど、できてしまうことが、死を認めてしまうことのようで切ない。
本当にまったく考えがまとまらない。書いてるうちに少しは脳内が整理されるかと思ったのに、そう簡単にはいかないです。
ジョンがいない。
わたしが生きたこの世の10日間をジョンは知らない。明日も、明後日も明々後日も、ジョンはこの世界を知らない。




2018・01・07


頭の中がぐちゃぐちゃで、上の続きがどうしても書けなくて放置されていた記事ですが、少しでも前向きな思考に戻れるようになんとか記事を終わらせたい。
驚くほど虚無感がすごいです。
家族ももうほとんど呆れるくらい、いまだに、たとえば毎日の習慣の一つみたいに「ジョンなんでいなくなっちゃったんだろう」「4人はどうしてるかな」って呟いてしまいます。
いい加減やめようと思うのに、やっぱりどうしても考えてしまいます。綺麗な空を見ても、美味しいものを食べても、ジョンはこの楽しさとか素晴らしさに、もう触れることはないんだな、って、すごく残念に思ってしまいます。
そんな考えがすごく身勝手だと分かっていながらも。
これ、このまま書いてると上に書いてあるのと変わらない、なんの変化も進歩もない文章になってしまいそう。
わたしの脳みそがどうなってしまうのか、誰か教えてください。




2017年の終わりに思う。

あと一時間もしないうちに今年が終わります。
相変わらず今年も高速で一年が過ぎました。本当に早い。
今年は我が家の生活に大きく変化のあった年で、気持ち的にたえずばたばたしていました。
そんな中でもちゃんと嬉しいこともあったはずなのに、なんだかよく思い出せないです。12月18日から、心から笑えない日々が続いています。
美味しいものを食べても、綺麗なものを見ても、何かがあって気持ちが動いても、そのすぐ次の瞬間には「ジョンはもういないのに」っていう考えが浮かんでしまって、心がちゃんと機能してない気がします。
そんなに悲しいのに、ジョンがいなくなってしまっても、わたしの生活はなんの変化もなく過ぎていきます。それが余計に悲しい。
ジョンヒョンの死をちゃんと受け止めるために、気持を整理しようと思ってここに書いていたけど、途中書きのままになっています。吐き出さないからだめなのかな。

今この瞬間、キー君たちは何を思って過ごしてるんだろう。
去年のカウントダウン後に5人で撮った写真がすごく好きで、たくさんアーティストさんがいる中で、5人でぎゅうぎゅう肩を組んで丸くなってて本当に可愛くて。
幸せの象徴みたいな瞬間があそこにはあったのに……。
残された4人が気がかりで、余計にちゃんと笑えません。みんなどうしてるかな。

と、年が終わる瞬間まで暗い感じになってしまいますが、とにかく今年はぜったいに良くも悪くもぜったいに忘れられない一年になりました。
来年の今頃の自分が(気が早いですが;^^)ちゃんと笑えてればいいなぁ。


生活スタイルががらりと変わってしまい、そのうえ、わたしのキンキさんに対する見方もずいぶん違うものに変化しているのもあり(すっかり縁側夫婦なので^^)なかなかお話しも書けずにいますが、それでも変わらずここをチェックしてくださってたり、支部さんのほうにお手紙をくださったりする方がいらっしゃって、申し訳ないです><
恐縮です。
なにはともあれ、今年もお付き合いありがとうございました。
今はとくにそんな気にはなれずにいるんですが、ふいに書きたくなる衝動にかられた際はお付き合いくださるとうれしいです。
温かい心をお持ちのみなさんに、幸せを感じられる瞬間が少しでも多くある一年になりますように。
良いお年をお迎えください^^

20171223

オニュさんが、5か月ぶりにインスタを更新してくれました。
画像なしの、言葉だけの。


あなたが誰であろうと、何をしていようと関係ありません。
だけど、一つだけ覚えておいてください。
誰かがあなたを、あなたより愛しています。
僕も応援します。愛しています。



足踏みばっかりで、前に進むのが難しい。

無題。

キー君がジョンにあてたお手紙をインスタにあげてくれて、訳を読んで、何度も読んで、わんわん泣いて、すごくすごく切なくて、悲しくて辛くて、やるせなくて……でもほんの少し勇気をもらえました。
わたしよりも何倍も悲しみに暮れてるはずのキー君が、ジョンを想って、ジョンのためにも立ち直らなくちゃと思ってるんだから、わたしもこのまま閉じこもってちゃだめです。泣いてばかりじゃだめです。
こんな時にまで与えられる側で申し訳ないね。

ジョンの死を受け入れるには、まだまだたくさん時間がかかりそうです。
18日の夕方、携帯を見たあの瞬間から今この時まで見聞きしたことの全てが現実の出来事だとは思えなくて、悲しすぎるドッキリでも見てるみたいです。
気持ちの整理がつかなさすぎて思考がふわふわしている間に、時間がするする流れます。
何からどうしていけばいいのかさっぱり・・・…。



葬儀中、アクセサリ―類は礼儀通り全部外したのに、ジョンからもらった指輪だけ外さなかったキー君。
ジョンだって「来年も何か買わされるんだろうな」って言ってたくせに、これが最後のプレゼントになっちゃったね。
最後のプレゼントが、ずっと身に着けていられるものでよかったね。



みんながきちんと眠れていますように。
朝になったらまた、ジョンが見れない一日が始まるんだね。

20171221









愛するジョンヒョニヒョンへ。

ヒョン、僕、キボムだよ。今日ヒョンを送って、昨日は顔まで見たのに、今でも信じられないよ。
他の仕事でヒョンに会いに来るのが遅れたのも申し訳ないし、これまで淋しかったと思うのに、ヒョンに弟として大きな力になってあげられなかったこともごめんね。
うちの頑固担当ツートップがヒョンと僕だから、やりたい事は必ずやらなきゃいけなかったよね。
やりたい事を全部やって、最後も必ずヒョンが決定してヒョンが先に行ってしまったね。
最初はとても辛かったけど、三日間完全にヒョンと僕だけの時間を過ごしてみたら、ヒョンの心が理解できたよ。
僕たちより先にいくことをあまり心配しないで、ヒョンのお母さんとお姉さんは僕が自分の家族のように大切に想うからね。
しばらくはとても恋しくなるだろうな。会議の時、僕の味方になってくれる人がいなくなってとても心配だよ。
会議の途中、気がつけば僕ら二人だけが散々話してたもんね…。
これからはヒョンのいない時間に慣れながら、僕は今よりもっと頑張って生きるね。僕が年をとって僕らが再会するとき、僕にもお疲れさまと言ってね。
僕の人生最高のアーティスト、友人、ヒョン、仲間であるジョンヒョニヒョン、お疲れさま。すごく愛してるよ!

2017.12.21


RIP





無題。

何を考えて、何をすればいいのかわからないです。受け止め方が分からないです。
あなたの代名詞だったブリンブリンと絶望は、想像よりももっとずっと隣りあわせにあったんだね。
結局わたしたちは気づけない。
目に見えていることのどれくらいが真実なんだろう。
怖いです。
4人の、悲壮に満ちた泣き顔が見える。

無題。

手が震えます。呼吸が乱れます。涙が止まりません。
ただただ、悲しいです。
ジョンのそこは、もう、苦しくないところですか?

キーセンイルについて語らずに今年は終われない。

毎日飽きることなくなにかしらから萌えカロリー摂取してるのに(太らないカロリーです幸せです)全然萌え綴りする時間がない辛い日々です。
もう12月なのにまだ今年の萌えの半分も残せてない。そにかぶせるように萌えを随時投下してくるのがKドル達です。
書いておきたいことを少しでも消化。
写真を見てはにやけが止まらないキー君生誕祭については今年中に書かなくちゃなと思っていたのでまずはこれから。



ジョンのカードはキー君のためにある、っていうのはSHINeeペンの中に定説としてあるうちの一つですが、ジョンさんまたしても爆モテ男風ふかしまくりな誕プレをキー君に献上していたことが発覚。
9月14日のキースタにて。




「僕を愛する彼からのプレゼント<3 信じられない!!!!ジョンヒョニヒョンがまた!!!」


まさかの!!!!
カルティエ!!!!!
約80万!!!!
恋人家族同然とはいえども同性相手にカルティエを送るジョンの寛容さとセンスと経済力そして経済力。←
※指輪のお値段30万円ほどでした。おそろモチーフの(キー君がローンで購入したらしい笑)ブレスレットが80万だそう。
しかもキー君のコメントが女子すぎるし可愛いんだけど見る人によってはウザイ系女子で期待を裏切らない女子力(笑)
それでこそキー君。
キー君が「下々の民達よ見るがよい」って広めたがってる臭いからもう一回載せときますね!

「僕を愛する彼からのプレゼント<3 信じられない!!!!ジョンヒョニヒョンがまた!!!」

わあ、程よいうざみ(^^)
ジョンさんは「来年もまた買ってって言われるのかな、クールに買ってあげたけど手が震えたよ、来年がくるのが怖いよ」と。
とか言ってますが、ジョンはキー君がご機嫌を損ねるとご機嫌取りのためにすぐにプレゼントを与える節があるので自業自得だし、もうここまでひっくるめて一つののろけってことでファイナルアンサ―です。
いやしかし、もともとわりとイチャつく傾向にある二人だけどここ最近のジョンキーの匂わせっていうかそれを通り越した見え見え透け透けっていうかもう公開のろけでしかない数々の凄まじさよ。
ジョンさん、キー君のインスタライブ中にペンに交じって「キボムさん愛してる」とかラブコメントしちゃうし、公共の場でキー君のことを再三にわたって可愛いとか平然と言ってのける始末。
キー君ほんと女子でしかないよね?っていう喜怒哀楽っぷりの持ち主だから、当然のごとくジョンがまんまと振り回されてるわけだけど、そこがまた憎めなくて可愛くて、いいよいいよもうオッパがなんでも買ってあげるよ!とか良い彼氏すぎるでしょうが!!!
くうう……匂わせ女子・キー君のうざみがもはや幸せですありがとう!!!
※過去に、おねだりして買ってもらった誕プレのお支払い中のジョンの後ろ姿をこっそり「ふふ」ってにやけつつ撮ってアップしたりしてましたけど、それ本当ウザイ女子でしかない。
好き。←

ああ……今年もジョンキ―最高でした!


同い年コンビのミンキーも好きだけど分かりやすいエロティックさはジョンキーが上です。
ジョンはウリマンネのテミンちゃんのことも、本当にそのうち試しに一回目に入れてしまうんじゃ?ってくらいに溺愛に溺愛を重ねて溺愛しているわけなんですが、それって我が子愛しさからの、弟可愛さからの、俺のマンネが最強で最高だから!!っていう兄弟愛っていうかもう……父性に近い愛。
キー君への愛はちょっと……男として見てるかな大丈夫かな?っていう愛。
おぬさん(元気ですか?オニュさん;;)への愛は、尊敬とかそんなかんじ。

キーセンイル以外もついでに……。
今年は夏にあったオニュさんの件で、シャヲルに衝撃が走りました。まだあれ以来、公式からは何も発表されてないから語れることはないから、事務所と本人の意向が発表されるのを待つのみです。仲良し5人だっただけに切ない。
テミンちゃんはソロ活(本国でも日本でも)頑張りました!
一人で日本で頑張るマンネが気がかりで、いてもたってもいられなくてライブグッズ装備して日本に会いにきちゃうジョンの盲目ペンっぷりには本当に癒されたし、練習中に会いに来てくれたキー君を発見したときのテミンちゃんのマンネっぽいはにかみ笑いの可愛さにもとっても癒されました。
ミノはメラニア夫人との絡みで話題をかっさらいましたね(笑)

今年もお疲れ様でした。たくさんの萌えをありがとう!!!
※ジョンの電話口の甘ったるい「うん、チャギャ(ハニー)」をエンドレスで聴いていた夜を思い出しつつ終わります。

キンキさん旋風なんですか?

そうだ、遅ればせながらぐぐってみたら、わあすごい!

「姫顔 堂本剛」
「姫顔の堂本剛」
「姫顔 剛」
「姫顔 KinKi」


なにごとなんですか!!??


もうこれはあれかな?
世の中がここへきてキンキさんの魅力を再発見したということかな?
流行は繰り返すって言いますし^^
爆売れした少年時代から安定して人気を保っていたわけだけど、ここへきて再ブレイク的なことなのかな?
イチャつきまくりのひたすら可愛かった少年期を過ぎたにも関わらず衰えることのない美貌、そこに加齢によって培った大人の魅力を纏って、そのうえ憂いを帯びた双眸は儚くて美しくて、二人ぼっちでこの世に存在してるみたいに誰も入れない領域で息をしている青年二人が放つお互いへの愛の底知れなさがもう熟年夫婦感醸し出しちゃっててそろそろ良い夫婦の日に「おしどり夫婦賞」受賞してもいいんじゃ?っていうキンキさんの魅力に(長い)世の中が!ついに!気づいた!!!(違)



姫顔って言われるようになった発端は銀魂オタさんのツイッターらしくて、そんな嬉しいことあります!?
さらには銀魂からキンキ沼入りした方もいらっしゃって、ようこそこの世の楽園へ!!!って菓子折りとftrの昔からの雑誌の切り抜きと妄想小説もって会いに行きたいくらいです。
ここへきてのご新規さん嬉しい(;;)
ブンブブーン効果もすごいのかな、わかんないけど、とにかくキンキさんの素晴らしさがまた一目置かれ出している気がして、とっても嬉しいです。
この間、聖子さんファンのおば様とお話ししてた時に、聖子ちゃんはアルバムに名曲が多いから!絶対聞いて!って熱弁されて、ものすごいわかる!って盛り上がりました。
隠れ名曲キンキさんも本当に多いですから!!!
なんでテレビで披露してくれないんだろう!!!勿体ない!!!ってすごくもどかしいです。

なんの話しなんだかわからなくなってきましたが、とにかく40歳を前にして姫顔認定されるつよし君の天使さを世の中が認めました記念\(^o^)/
光ちゃんもなんかないかしら……貴公子顔?狐顔?美人顔?


……受け顔!!!!!!

※言い逃げて終わります。