新たな幕開け。2

SHINeeちゃん東京ドーム2daysがはじまります。前日にあがってきた空港写真、おテムちゃんがジョンとおソロの帽子かぶってた号泣。キー君の指にもジョンからの指輪がきらん。いつも一緒だね。
行きたかったけど平日なのでさすがに娘ちゃんの学校を休ませるわけにはいかずに泣く泣く諦めましたが、空とドームに愛を届けつつ過ごします。気が気じゃない。
わたしはライブから一週間がたつのに、まだ心が落ち着かずにいます。あの日見たり感じたりしたことが鮮烈すぎて体内からちっとも出ていかない。
前回に続きまた自分用備忘録なので意味不明だったり乱文だったりしますごめんなさい(;^^


本当に本当にこんなことを今のこの状況で口にしたら不謹慎すぎてバカ野郎なんだけど、今まで見てきたどのキー君よりも綺麗だった。未亡人みがすごかったっていうのかなんていうのか……。
少し痩せちゃったのかな?やつれたっていう方が正しいかな。とにかく綺麗だった。
でも口元はがんばって笑顔の形を作ってるのに笑えてなくて、ムリして笑おうとしてるのが痛々しかった。ジョンと並んでグループ1泣き虫なはずなのに、すごく我慢してて悲しかった。
あんなに涙をこらえてたのは、ジョンのためでもあったように思う。

可愛くってピュアでマンネなテミンちゃんだけど実はすごく男っぽい人だから、人前で、ステージ上で涙を見せるのを良しとしなくて、だけど何度も何度も目をつぶって唇をかみしめて、涙をやりすごしてたのが辛かった。

オニュさんはやっぱり生が断然かっこよい。良い声がまた聴けて本当に良かった。
またステージに立ってくれてよかった。歌ってくれてよかった。

ソロパートを歌うメンバーにピンスポが当たるんだけどジョンパートでは天井にピンスポが向いてたらしい。スタッフさんの愛(涙)

毎回SHINeeの衣装すごく好きだけど今回もすごく良かった!後半のおテムちゃんの帽子もかわゆかった。
キー君の後半のシャツも良かったし、そうだそうだキー様金髪だったんだった可愛かった(><)

気球に乗ったおテムちゃんとミノ。今回はどのお席でもどこかしらのタイミングでメンバーを近くで見れたんじゃないかな?ていうか京セラのサイズの問題もあるのか。どちらにしろよかった。
今回はバクステ正面のスタンドでした。またしてもSHINee運のすごさ(こわいこわい)。肉眼で見える見える。ただつねに涙で視界は悪かった。みんなそうだったろうな。
ボールとフリスビーを投げるんだけどキー君相変わらずの女子投げで届くわけないじゃん!?っていう諦めが最初からあるからまったく「ちょうだいアピール」をしないわたし(と、周りw)。
とにかく近くにきたキボ美をガン見。健康状態をチェック。←
シャツから覗く白い肌とか鎖骨のエロさとか萌え袖の具合が素晴らしくキボ美だった。

ちょうどセンターあたりのスタンドにいたから会場内をすごくいい位置から見渡せた。どこを見てもジョンの好きなアクアグリーン。綺麗な海。ジョンも見てたよね?

ジョンの声を流してる曲もあったんだけど、なんでだかそれ以外でもジョンの声が聞こえた気がした瞬間があった。曲を聴きすぎてるから幻聴かもしれない……。
でもたまに、ふいに、またジョンの声?と思うとテミンちゃんだったりもした。
ああ、なだか歌い方とか声とかが自然とジョンに似てきたね、ってまた涙。ジョンにも歌を教わってたからそうなって当然なんだけど、オニュさんにも教わってたけどどちらかと言うとジョン色が強い気がする。
テミンちゃんの体躯のそこらじゅうが、ヒョンたちの愛で形成されてる。
メインボーカルのジョンパートを埋めるのは本当に大変だったと思う。分量多いうえに高音が続いたりするし、なのにテミンちゃん、自分のパートにさらにジョンパートまでしっかり歌ってくれて、きっとジョンも喜んでたね。
それにしてもあんなに踊って歌ってを生でしてしまえるSHINeeちゃんの凄さ。メンタル的にも大変だったろうに。

マンネのテミンちゃんがすごく逞しく見えた。ヒョン達を支えようとしてるのが分かった。
わが家もそうなんだけど、息子ってあるときから母親を守ろうとする立ち位置に変わる気がします。おテムちゃんもそんな雰囲気を感じました。
これまではヒョン達に見守られてきたけど、そんな存在から自分だってヒョンを支えるんだ!っていう男気をぷんぷん感じます。守る側から守られる側に。
頼もしいマンネに育ってくれてありがとう。泣きむしなキーちゃんをよろしくお願いします(;;)

ムリして笑っていつも通りのライブをするんじゃなくて、みんなでひたすらジョンのことを想いながら涙しても良い空間にしてくれたSHINeeに感謝です。メンバーのムリする姿も見たくないから、泣いてくれてよかった。笑えるはずがない状況なんだから、これでよかった。みんなで乗り越えていけますように。

5人から4人になっただけで、なんであんなにも空虚な部分が大きく感じるんだろう。

なのにちゃんと5人に感じた瞬間もあったから不思議。ジョンがいるように感じたから不思議。頭が混乱しました。

死が与えるものって凄まじい。

メンバーからのコメントが全部胸に刺さって残ってます。
本当に家族みたいな人。ジョンヒョンさんを永遠に記憶してください。忘れないでください。これからも5人で舞台に立つ気持ちで。忘れたくない。正直不安だった。
たくさんありすぎて……ジョンがみんなを愛してて、みんなもジョンを愛してた。これからも愛しあって生きていくって、シャヲルさんの前で宣誓してくれたみたいだった。

sing your song、いつものみんなで歌うとこでオニュさんがイヤモニ外して会場中から響いてくる声を体中で聴いてた。
ふいに、ジョンがこの部分で号泣してたの思い出した。ジョン聞いてる?って会場中の誰もが問いかけながら、ジョンに届くように歌ってた。

曲によっては昔のライブ映像がスクリーンに映し出されて、ジョンがそこではすごくキラキラした笑顔ではしゃぎながら歌ってて、でもすぐその横では悲しみと闘いながら歌う4人がいて……ついこの間まではこんなふうに「5人でいると楽しいね!幸せだね!」って笑い合ってたのになって思うと涙が止まらなかった。

これまでだって誰か一人が欠けたステージはあったのに、また会える、すぐそこにいるって分かってる不在と、もうこの世にいないんだっていう不在では空虚感に違いがあった。

みんながみんな、ジョンを救えなかった絶望感の中にいた。

それでもステージをジョンとファンのためにやりきろうっていう、なけなしの力を振り絞ってくれた2時間半。ただそこに立って、姿を見せてくれただけで腰が抜けるほど感動したし安心した。
本当は歌ったり踊ったりできるようなメンタルじゃないはずなのに、それでも、このステージをやりきることはこれからのSHINeeの未来を守るために必要なことみたいに4人とも必死だった。

与えるも与えられるもなくて、あの場にいたみんなが本当に一秒たりとも気をゆるめないで支え合ったし、SHINeeを守るために我武者羅だった。

メンバー同士が普段以上に気遣い合ってるのがすごく分かった。本当にオニュさんが、テミンちゃんの笑顔を引き出そうとしたり、そっと背中に手をまわしたり……オニュさんは誰がなんと言おうと最高のリーダーだと思う。

赤衣装のキー君の胸元のやらし具合。なにしろキー君綺麗すぎた。

おテムちゃん気球に乗ってフリスビー投げるも頭上の気球部分にあたっちゃって真下に落下。てへへ☆みたいなマンネ感は健在で可愛かった。おテムちゃんはにこにこしてるのがやっぱり良いね^^

ミノは本当にどこまで紳士なんだろう。全方位もれなく、大袈裟でなく本当にひとりひとりに挨拶するように丁寧にずっと王子様お辞儀とお手振りでどこの皇居だと思った。

前半の途中でジョンのソロ曲に乗せてスクリーンに映し出されたジョンの笑顔と5人の仲良しな写真たち。そこに添えられた言葉。全部4人とシャヲルさんの気持ちを代弁してくれたもので、わたしはここで、ようやくジョンが死んじゃったことを初めて実感した。

新曲があったことに驚いて一瞬涙がひっこんで、でもまたすぐに号泣。ジョンの声が優しい。色んな愛を語るストレートな歌詞で、メンバーはどんな気持ちであれをこの状況で歌ってるんだろうって思うと切なすぎた。それに、ジョンは死を決意しながらどんな気持ちであの歌詞を歌ったんだろう。

4人だけど5人だった。

てかSHINeeはもっとグッズの販売数増やすべきです全然買えないんですが!
ペンラ以外売り切れとか……ネット販売もすぐ完売になっちゃうし、ライブ二日目に至っては個数制限ありすぎだしで本当に買えない〜(涙)
東京もすごい早くから列やばくて写真見たけどとんでもない事になってた……。
グッズ列並んでたときに具合の悪くなってしまった女の子がいて居合わせた何人かで介抱して列に戻ったんですが、いよいよ次がわたしたちの番!ってときにSOLDOUTの札を目的商品に張られたときのあの絶望感ときたら!
あのときあの女の子を素通りしてたら買えたのか!と思ったけど素通りできるはずないですよね〜(;^^
長男と同じ年くらいの子だったけどあの子はあのあと無事にライブ観れたのかがわりとずっと気になってしまったorz
どうかちゃんと観れて、無事に家まで帰れていますように。

思い返してもどの瞬間も言葉にするのが難しい。
色んな感情がごっちゃになって、会場が明るくなっても言葉を発するのが難しくてしばらくぼうっとしてしまいました。

SHINeeの、もしかしたらこれまでとこれからの中でも1番の大きな困難の時だけど、テミンちゃんも言ってた通り、ますます絆を深めた4人のSHINeeが、今までと変わりなくこの先も光り輝けることを心の底から祈ります。
泣き崩れて呼吸を乱しながら、嗚咽を漏らしながら、それでも懸命に4人の今に愛を届けようと必死になったシャヲルさんたちの心も、少しずつ晴れていきますように。
大切な人の死は果てしない悲しみの連続だけど、世界中にいるシャヲルさんと4人は同じ気持ちを共有していると思うと、乗り越える勇気がほんの少しもてる気がします。

あと、笑われるような馬鹿げたことかもしれないけど、前回も書いたとおり、あの場には本当にジョンがいたと思う。
不思議と5人に感じる瞬間があった。
4人がジョンの存在を確かめるように、感じるように寄りそうように、ジョンを抱きしめるように歌って踊ってた(;;)
だから絶対にジョンはいた。と、断言してみる。
肉体はここにないけど、SHINee5人の心はまだちゃんと繋がってる。これからもずっとそうなんだと思います。


あまりにも感傷的な文ばっかりになってしまったけど、終盤の盛り上がる曲メドレーはやっぱりあがった!
また掛け声したい!次はもっと元気にめいっぱい!
あとキー様いい女っぷりあがりすぎててますます姫ポジションすぎてこりゃ残された3人はキー様のワガママに付き合ったり守ったりと奔走するんだろなと思うと可愛いの極みです。ジョンはそれを「ふふっ」て面白おかしく見守るんでしょう^^

新たな幕開け。

SHINee京セラ初日に行ってきました。
正直なところ楽しみよりも不安のほうが大きいままこの日を迎えました。
SHINeeの曲を聴くと辛かったり、五人の仲良しな動画を見ると切なかったり……そんな状態のままジョンのいないステージを見たときに自分がどんな感情になるのかわからなくて不安でした。

そんな状態で参戦した今日でしたが、やっぱりSHINeeはSHINeeでした。
どんな瞬間も一切手をぬくことなくその時の最善を尽くしてくれる、光り輝くSHINeeでした。

わたしはというと案の定冒頭から泣きどおしで、2時間半の間に泣いてない時間を計るほうが早いんじゃ?っていうくらいに泣いて泣いて……泣いてたらみんなが見えないから泣くのやめようと思うのに涙が滝みたいに流れてきて止まらなかったです。
周りの方も同じで、聞こえてくる嗚咽やしゃくりあげる声で、さらにまた泣けてしまうという……。
おかげで今、半分しか目が開きません(;^^
ぼんぼんに腫れてしまいました。明日人と会う約束があるのにどうしましょう……。


眉間の奥がガンガンするし(前日30分しか眠れなかったのです…)泣きすぎで頭ぼうっとしてるし疲れたしで前も見づらいんですが、SHINeeの新たな幕開けを少しでも残したい。自分のための備忘録です。意味不明なまま殴り書きのようなメモになります、ごめんなさい。

実は一番心配だったオニュ。例の騒動について触れるんだろうか、謝罪されたらどうしようかとか色々と心配だったけど、ただ一言「みなさんお久しぶりです」「本当にお久しぶりです」と。その言葉と、言葉の余白に全ての思いが込められてたし、あれでよかった。あれが最善だった。謝罪も説明もいらなかった。久しぶりだね。待たせたね。待ってたよ。オニュとペンの間にはあの瞬間にちゃんとそんな会話が成立してた。

常に気丈にふるまうミノ。最後の最後の挨拶のあと、マイクを握りしめて唇をぐっと噛みしめて俯いて泣いてしまったけど、たくさんたくさん我慢してくれて、ジョンへ愛をたくさんたくさん届けてた。
(わたしはキー君ばかり目で追ってしまってたので気づかなかったけど、エビバデのネジまわし、天井に向かってやってたらしいと知って震えました)

ライブ前半は、なんだかジョンに送る追悼ライブのようだった。みんなでジョンを惜しんで、愛してるよを伝えて、これからもずっと一緒だよを伝えて、今までありがとうを心の中で唱えた時間だった。
一度みんながはけて行ってからは盛り上がる曲メドレー。でもいつもみたいに掛け声に元気がない会場。頑張って盛り上げようとする4人。それに応えたいペンたち。
このライブは本当に、あの場にいたみんなでつねに同じ気持ちを共有してた。みんながみんなを支えようと必死だった。
途中からペースをつかんでいくメンバとペンたち。歓声もあがってますますキレのあるダンスと生歌を披露してくれる4人。
4人とも歌もダンスもさらに上達してた。

ジョンが旅立ってしまってからライブまでぜんぜん日にちがなかったのに、よくあそこまでダンスや歌割りを変えて仕上げてきたなと感動。
ジョンパートは予想通りテミンちゃんがめちゃ頑張ってた。たまに、どことなく歌い方がジョンに似てて、また泣けました。

オニュの歌声は相変わらず素晴らしいの一言に尽きた。ずっと聴いてたい。オニュの性格がそのまま反映されてるような、優しくて柔らかくて奥深くて、なのにきちんと芯がある声。大好きです。

テミンちゃん何度も唇をかみしめて涙を我慢。

キー君がもっと大泣きしてしまうんじゃないかと思ってたのに、あの泣きむしなキー君が、すごく泣くのを堪えてて、そんな姿を見て大号泣してしまいました。
「僕、約束は守りたい」
その一言力強さに、心臓がぎゅうっとなった。
いつもファンの方に愛やパワーをもらってるからお返ししたい、そう言ってきたけど、約束は守りたい。だからこれからも応援してください、みたいなことを。
僕がみんなに愛とかパワーを送るから、傍にいてね、って言いたかったんだと思う。

オニュが一番泣いてた。泣いては自分を奮い立たせて、の繰り返しだったと思う。自分を攻めないで。みんなあなたが大好きだよ。もう苦しまないでください。

今日もキー君は終始可愛くてかっこよかった。

ミノの歌唱力が抜群によくなってた。低音ラップの力強さかっこよかった。

あの場には間違いなくジョンがいたと思う。目に見えないだけで、いた。絶対に。
キー君が涙ぐみながら話してるときは優しい笑顔で見守ってたし、オニュの歌声には静かに耳を傾けてたし、ミノの煽りにはノリノリだっただろうし、たくましくなったテミンちゃんには拍手を送ってたよ。
4人は本当につねにジョンを感じながら生きてる。

正直(ライブをするのが)不安だった、って珍しく弱気な顔で素直な気持ちを話してくれたミノ。不安だったよね。みんな同じだったね。頑張ってくれてありがとう。

「ジョンヒョン」の名前をストレートに口にできないままそれぞれのコメントが進む中、テミンちゃんはものすごう率直な言葉でジョンヒョンさんは、と、今感じていることを話してくれた。その最中、言葉につまると、横にいたオニュがそっと背中をさすってた。
オニュの、影でメンバーを守ったり包み込んであげたりするところが大好きです。ありがとう。


ひとまずここで終わります。目が痛すぎて限界です(><)
4人がよく眠れていますように。

2017年のあれこれ。

平昌スノボを見つつ、まったりな午後です。
昨晩とある習い事の帰りに娘ちゃんが「明日塾行くことにしたー」と急に言うので(10時から22時まで塾だと昼食・夕食は帰宅するんですが、微妙な時間に帰宅するので外に出るに出れない…)、やることリストがなんにも消化できない休日になってしまいました。
なので今でしょ、ということで去年のあれこれを思い出してみる。
もう何年もインスタが日記替わりになってるのでそちらには備忘録として残ってるんですが、ここにも残さないとなんだか落ち着かない。なんなんでしょう、この焦燥感というか義務感というか、勝手に感じてる「やらなきゃ」感。


去年もあちこちに行きました。どれももう霞ほどの記憶しかない(遠い目)。
残念すぎるわたしの記憶力をフル動員して思い出せるだけささっと書いてみます。

一月はまいど同じみの奈良に初詣に。なぜか毎年、絵馬でキンキさんのこと書いてないかなーって探すのが楽しみになってます。毎年ちゃんとあるの。嬉しい。
そういえば一月は、なんと娘ちゃんのインスタにジヨンご本人様からイイネをもらうというまさかの奇跡がおこったんでした!
夜中に慌ててスクショした思い出が。もう二度とあんなことは起こらないでしょう……いまだに信じがたい奇跡。

三月は韓国に。これはただの家族旅行なのでとくにヲタ活はなし。ただ釜山とソウルの要所要所で「あ、これあの子のインスタに載ってた、ここはあの番組で出てたとこ」とか発見してひそかに楽しみました。そういえば韓国旅行のこともなんにも書いてなかったことに今気がついた。また早く行きたい。

四月は二日間、SHINeeライブに(ライブ備忘録も途中書きのままだわ)。
名古屋初日がSHINeeの日本公演ちょうど100公演目で、五人へのサプライズ演出もあってすごい素敵なライブでした。あの時の五人のかわいい会話と笑顔が未だに脳裏に焼き付いています。
翌日の名古屋2日目も良席で、思い返せばわたしSHINeeコンでは良席しかひいたことなくて、毎回なんだか怖いです。
このライブが、わたしがSHINeeが五人そろった姿を見た最後の日でした……。

五月はモネクちゃんのリリイベで兵庫に。前日に行くことが決定した超弾丸。
ハイタとミニライブのセットなんですが、係員さんにお願いしてハイタだけは娘ちゃんに入らせてもらうことにして、わたしはミニライブを堪能。
もうもうもうもう!優先観覧席の中でも超ど正面の超間近っていうおばちゃんにはきついでしかし!なお席で心拍数をむだに使ってきました!
メンバーともれなく確実に目が合うお席で、隣の若くて可愛らしかった女の子とギャーギャーなりながらモネクちゃんとの束の間の(本当に束の間だった。束の間すぎてビックリした)逢瀬にヤラれました。
楽しくお話ししてくれた、おん君ペンのあの時の彼女は元気でしょうか^^
にしてもあれは近かった。やばかった。総じてやばかった。要はやばかった。沼に完全につかった瞬間だった。
そしてこのとき「あれ、わたしやっぱりキヒョンちゃんめっちゃす……き……(ドゥクン)」となった日でもありました。
キヒョンペン急激に増えててキヒョン沼恐ろしいなって。
(そしてとうとうモネクちゃんは個別ハイタになったのです。残念ながら予定があわず行けてないけど7人とも神対応だとモンベベたちが荒ぶってます。行く。いつか行くからね!)

七月はキンキさん周年パーティに!!!久しぶりの生キンキさん!!!
めかしこんだ光ちゃんからはまさかの生着替えパフォーマンス(?)という、そんなサービスしなくていいよありがとううう!っていう思い出もあり^^
スクリーン越しではあったものの、そんなことは微塵も感じなくらいにすごく近くに居てくれたつよし君はたくさん愛を飛ばしてくれて、本当の愛って距離をこえてちゃんと伝わるねって感動しっぱなしの時間でした。
本当にありがとう。
ftrはもうただただ、この世に存在してくれてるだけで、幸せで、ありがたいです。
つよし君、光ちゃん、生まれてきてくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。仲良しでいてくれてありがとう。いつもいつも、正しい感情をありがとう。
30周年もみんなでお祝いしたいなー^^

八月は生モネクちゃんと再会。
モネクちゃん初の日本ペンミツアー。zeppに娘ちゃんと行きました。腰痛持ちだから一階で人ごみにもまれる自信なくて二階席にしたけどなんと二階席の最前列でめっちゃ見える!(五月のリリイベに続きモネク運やばいgkbr)
客席バックの公式写真にもしっかり写ってたので良い思い出になりました。
大好きな曲いっぱい歌ってくれてあがりました。
にしてもモンベベ若い子ばっかりでわたしは「娘の付き添いです〜」な顔をしてないといたたまれない……ものすごいアウェー感(笑)

あと八月の終わりには娘ちゃんと初めてふたりだけでTDLに。
初日のシーは午前中、雨がぱらついてたのですきすき。
翌日のランドは色んなタイミングが奇跡的に重なったりしたみたいで超すきすき!今まで行った中であんなにすいてたランド体験したことなかったです!
人気アトラクションも0分〜15分待ちで全部乗れてしまって、あまりにもひょいひょい乗り物に乗れてしまうので午後にはやることがなくなるっていう非常事態に(笑)
大型アトラクションでいうとスペースマウンテン11回、ビッグサンダーマウンテン3回、スプラッシュマウンテン5回乗れました(乗れすぎて回数数えながら娘ちゃんと驚愕してました)。
やばくないですか……乗れすぎて困ったの初めてだし、あんまり乗れすぎなのも良くないなって思いました。休憩できなくて死ぬ。
今回も大好きなシェラトンに泊ったんですが、三日目の帰宅日はプールに入ったりして遊んで帰るのが定番なのに、あまりにも疲れはててしまって朝食とったあとはひたすら部屋でぼうっとして過ごしました。本当に疲れた。

十一月は東方神起ライブを観に北海道に。前後に予定があったのでなんと一泊二日のこれまた弾丸、ママと娘ちゃんとの女三人旅でした。
ライブ翌日の早朝に築地に行って海鮮丼食べたくらいで、あとはなんにもしてないっていう。旅行下手すぎる。
千歳空港のコーンパン買えず。それだけでも買いたかった。結果本当にライブ観ただけで帰ってきました。

十一月はあと、娘ちゃんの習い事の関係で神戸に。午前中の用事のあとは中華街と、あとは以外にも異人館初でした。
絶対に行きたかったフロインドリーブは閉店間際にカフェに入ったらお客さんが誰もいなくなったので、貸し切り状態で良かったです。かわいいい!連呼でした。でもお土産はほぼ売り切れでなんにも変えなかったorz

そして十二月、静岡にサッカーを観に行ったついでに漁港で海鮮丼を食べたり富士山見たり、年末年始はちょこまか色んなところに行きました。
年間を通してこれ以外にも、次男さんのサッカーの都合で県外遠方と名古屋の往復を何度もしています(;^^
こうしてみると、わりと色んなところに行ったな〜。
今年はどこにどれだけ行けるのかわかりませんが、少しでも多く楽しい時間があるといいなあ。

書き途中の記事が増えていく一方なので少しずつ整理したいです。
健康第一で、色々とがんばろう!(っていう雑な終わり方)

流行最先端。

流行にはとんと疎いわたしですが、今もっとも”なうい”病気、隠れインフルとやらにかかってしまいました。
噂通り熱はまったくなく、ちょっと悪寒がしたので葛根湯でしのごう☆くらいのつもりでいたら(本当に風邪の初期症状くらいだったのです)、三日目にいきなり腰やら足の付け根やら膝やらが激痛!
一晩中お布団の中で文字通りのたうちまわり、翌朝ようやく病院に。
結果、そうだったわけです。すごい本当に熱出ないのね、お医者さんと一緒に、不思議ですね〜、と。
他の症状はほぼないのに節々の痛みがえげつないレベルなので痛み止めを多めに処方してもらって家におこもり中です。
ここぞとばかりにたくさん寝ました。
体調不良のせいで寝れてしまった、ただけなんですが、たくさん色んな夢を見たので、色んな場所に行ったり、何歳か若返ったり、悲しくなったり嬉しくなったり、お仕事したり(夢でもよく仕事をしてしまうの本当にやめたい。夢くらい仕事忘れたい)、会いたい人に会ったり、食べたり……家にいただけなのに妙に慌ただしく色んな感情を味わいました。


さて、もう二月ですよ信じられない(;^^
去年のいろいろも記事に整理できてないのに、どんどん今年も進んでいきます。毎日ばたばたです。
今月はSHINeeライブ初日参戦があります。
4月にはモネクちゃん日本初ツアーの名古屋に参戦。
先月は東方神起ツアーにもまた行きました。
今年もヲタ活の滑り出しは好調です!
去年の備忘録(すでに8割忘れてる気がしないでもない)も早めに書こう。




日本入りした母子コンビ。

昨日はかわいいかわいいおテムちゃんとキー君が日本入り。
久しぶりの空港写真。おテムちゃんを撮ってくれたのはジョンとテムちゃんを追ってたマスターさんらしくて、他のジョンのマスターさんが辞めてしまったりしてる中、こうして活動を続けてくれているマスターニムがいるのは海外ペンには本当にありがたい限りです。
さっそく空港にはたくさんペンが。鳴りやまないいくつものシャッター音。こうしてこれだけ見てると、12月に悲しいお別れがあっただなんて思えないなぁ。
こんな時だからそっとしておいてあげてほしいなと思う反面、やっぱりリアタイでお顔を見れるのは嬉しいっていうペン心に生じる矛盾。
そんな矛盾に申し訳なさしかないですが……こんな時だからこそ、お顔を見たい。顔色や肌艶を見て、表情を見て、体形見て……って健康診断か。←
日本でたまたま空港に居合わせた方のツイートによると、二人ともマネヒョンと会話したりして笑顔もあったそう。
マスターさんの写真も笑顔のものもあって、それだけでうるっときました。あの笑顔を生で目にしたマスターさんもどれだけ嬉しかったことか。
笑ってる、二人とも。
笑ってる!!(滝涙)
日々のなにげないことで、こうして少しでも笑える時間があればいいな。そんな時間がどんどん増えていって、心から楽しくて、おなか捩れるくらいに爆笑できる日がくればいいなぁ。
大切な人の笑顔って本当に嬉しいものだなーって改めて思いました。


羽田で二人に遭遇した日本の女性、荷物待ちしてるときにキー君に似た韓国の方がいるなと思ったらしく、本人じゃないだろうけどイケメン韓国人に遭遇できてラッキーと思ってたらまさかの本人だったそう。
隣にぴょこぴょこ変な動きして変な帽子(テミンちゃんの帽子には「状態」っていう謎の文字が……)かぶってる人いるなと思ってたらそれがテミンちゃんだっていう(笑)
オンマなキー君の横でへんな動きしてるテミンちゃんが容易に想像できるしかわいいに決まってるしで遭遇した方うらやまです。
母子コンビ可愛いのかたまり。

写真を見る限りではキー君お肌も荒れてなさそうだし(髪伸びたね^^)ゲッソリもしてない感じだし、おテムの細さがちょっと心配だけど、まーそれはいつもといえばいつもの事だし、とにかくなにより、ジョンの葬儀のときいらい姿が見れなかったのでこうして動いてる姿を目にできて安心しました。
インスタしてないおテムちゃんに関しては今どうしてるのか本当に心配で心配で……。
この間のソウル歌謡大賞で人気賞を受賞したテミンちゃんだけど会場にはいけなくて、代理でトゥギさんがトロフィーと花束を受け取ってくれました。
そこで、テミンちゃんから預かったコメントを発表してくれたんですが、もうもうもう、テミンちゃんの言葉だっていうだけで歓喜でした!
これまでひた走ってきたけどあの事があってから少し休息をとれたことの報告、それから空にいるジョンと周囲の全ての人に感謝の言葉を。
おテムちゃんもちゃんと前を向いて進もうとしてる。ちゃんと生きてて(当たり前だけど)食べて、寝て、頑張ろうとしてる!
コメントをありがとう。トゥギさんもさすがの心遣い、感謝です。
そうかと思ったら今回の空港写真だったので、もうさらに高まったわけです。

オニュさんは先に日本入りしてたみたいなので(ミノはどこに??のちのち合流かしら??)、みんなで大好きなおいしいもの食べて、ゆっくーりお風呂に入って過ごしてね。
ドームライブのことで来てるわけだからまったりはしてられないだろうけど、むりはせずに(事務所さんお願いしますまじで!!!)健康第一で過ごしてほしいです。



昔ほどの頻度ではないけど、キー君がちょこちょこインスタ再会してくれています。それでどんなに救われてるか……。
ジョンと一緒に作業中の動画もあげてくれたね。本当にいつもジョンを感じながら生活してるんだね。
人差し指にはジョンからの指輪。隣には大切な弟テミンちゃん。日本で待ってた頼もしいリーダーオニュさん。あとからくる(のかな?)熱血ミノ。
みんな温かくして過ごしてね。

今年も相方愛。

久しぶりにぶんぶぶん見たら安定の可愛さ。キンキさん落ち着く( ;∀;)
とにもかくにも相方至上主義なんだね知ってたよっていう。
そんでやっぱりちっこいね、知ってたよっていう。

おっぱいがいっぱいを知らないシゲにもびっくりだけど(どこ世代まであれを聞いて育ったんだろう)、それ以上に、もう一つ光ちゃんにお気に入りの曲ができたことにあんなにも喜んであげられるつよし君の大海原にも匹敵する愛にびっくり。
光ちゃんが好物のタコ食べてたらすごい優しい眸で「よかったね」って笑うだろうし、後輩ちゃんにかまってもらってるの見ても「よかったね」って笑うだろうし……ってもうそれ母性!!!
光ちゃんいっとき雄っぽさ増してたのにまた年々幼さ出してきてるから、つよし君もますます光ちゃん=可愛い生き物ってことになってると思います。

本当にそろそろ芸能界のおしどり夫婦に選ばれてもいいレベルです。特別枠でいいから。←
あんなにおしどってる二人います!?
一線は越えてませんとかいう言い訳が必要な事態にはなりませんのでどうかお願いします。
あとね、つよし君ほどオープンで大衆に伝わりやすいものではないけど、光ちゃんの相方愛も昔の氷河期に比べるとずいぶん分かりやすくはなってきてて嬉しい限りです。

何度も言うけど、光ちゃんの「つよし君」が大好きで、つよし君の「光一さん」が大好きです。
40になっても50になっても、「つよし君」「光一さん」でいてね。
ずっとずっと、ftrで同じだけ年をとっていってね。

これからも、輝く5人組。

5人でいると、いつも楽しそうだったね。







5人でいると、キラキラも5倍だったね。







これからも、ずっと5人一緒だよ。





ジョンは先に休憩してまっててね。






おやすみ、ジョン。

ジョンヒョンへ。


自分の生命力を削りながら、周りの人にたくさんたくさん愛を与え続けたジョンへ。
家族思いで男らしくて格好良くて、才能豊かで、多くの人に慕われて、多くの人の憧れで、末っ子テミンちゃんからも「可愛い」と言われてしまうくらいにチャーミングな部分もあって、人の痛みに常に寄り添えて、人一倍優しくて、努力家で頑張り屋さんなジョンヒョン。

長い間、すごくすごく頑張ったね。
もう十分頑張ったから、あとは何も考えずにゆっくり休んでね。
歌いたいときに歌いたい歌を好きなだけ歌って、誰の目にもさらされることのない、穏やかな時間をすごしてね。
もうお薬のまなくても眠れるね。たくさん眠ってね。

素敵な歌声をたくさん残してくれてありがとう。
今まで本当に本当にお疲れさまでした。
ありがとう。大好きだよ。







まとまらない話しの続き。

明日で、ジョンが亡くなってひと月が経ちます。心臓が忙しなく動きすぎて、たくさん動きすぎて、まだひと月なの?っていう気分です。
しかも一月もやっと半分終わったところなんですね。でも、まだ半分なんですね。
ひとつ前にあげた記事、本当に支離滅裂だしめちゃくちゃ暗いですが、一つ一つ気持ちを整理していきたいのでどうぞお許しください。
※つよし君とジョンを重ねて見ていた点で気分を悪くされた方がいたらごめんなさい(><)


年末年始は何も考える時間がないくらいに予定を詰めようと思い、たくさん出かけました。
サッカー観戦、春日大社さんで恒例の初詣(つよし君の健康をお願いする絵馬をいくつか発見して嬉しくなりました)、一泊二日の温泉旅行、スノボ、静岡には富士山(富士山大好きです)を見に行って漁港で海鮮を食べてきました。映画は二本観に行きました。
なにより、久しぶりに会えた次男さんにずっとずっとひっついてひっついてパワーチャージしました。

新年早々、嫌な夢を見ました。
子供たちが次々病気で死んでしまう夢で、わたしは何もできなくて、ただ泣き叫んで子供を抱きしめるっていう……縁起が悪すぎて自分を殴りたい(滝涙)。
自分の唸り声で目が覚めたときにはすごい疲労感で、それからまた、ジョンなんでいなくなっちゃったの……って考えました。
年が明けたらもう考えないって決めてたのに、まだむりそうです。


そんなこんなで毎日を過ごしていたんですが、9日、中止になるのか決行するのか判断を待ってた状態だったドームツアーの開催決定のお知らせが!
メンバーの気持ちを考えてもとてもステージに立つのはムリだろうなと思ってたし、少しでも休んで欲しかったから中止でも全然いいよ!と思ってたので、決行のお知らせに喜びやら不安やらでまた心拍数が……(汗)
メンバー直筆のメッセージは、今見ちゃだめだよと思いつつ我慢できなくて電車の中で見てしまい、案の定泣けてしまって、いったん電車を降りました。
初めて降りた駅のお手洗いの中で、4人の気持ちをひとつも取り零すことがないように、ぜんぶきちんと受けとられるように、何度も読みました。
4人とも、SHINeeでいることが幸せで、SHINeeはなくしたくない場所で、メンバーと離れたくなくて、これまでの幸せだった5人での時間、愛してくれるシャヲルさんたちの思い、どれもどれも大切で、これからすごく困難な道が待っていると思うけど、もう一度立ち上がろう、強くなろうっていう決意がすごく伝わってくるメッセージでした。
末っ子テミンちゃんの、「これからの未来において、メンバーと別れたくなかった」って……もう……もちろんヒョン達もそうだよね。
本当に5人はお互いのことをすごくすごく愛していて大事にしていて、テミンちゃんは幼い頃にこの世界に入って親元を離れて、一緒に暮らす4人のヒョン達は兄弟であり親でもある存在で、いつもヒョン達に見守られて大切に育てられてきたから、本当に本当に、もう誰一人として傍から離れていってほしくないんだなっていう思いが強くあるよねって当たり前なんだけど(ごめんなさいもうこれ泣けてしまうので文章が文章にならないです)。
そしてなにより、SHINeeの活動はジョンの願いでもあったから、っていうジョンの思いを汲み取ってというのもあるようで、ジョンの最後のインスタライブを思い出しました。

京セラ後に撮られたインスタライブで、「ペンライトを見るといつも感動する」「ペンライト見ると僕の後ろに誰かがいるというか……信じて僕の後ろにいるって思う」って、日本語で話してくれたよね。
黒い髪を指先でいじりながら、言葉をていねいに探して選んで、胸の中にある感動と感謝の気持ちを教えてくれたあのジョンの優しい声と言葉が、今でも頭から離れません。
(実はそのときの言葉で、最近無気力だ、と言ってたのが気にはなっていました。まさかこんなことになるとは思いもしなかった)

とにかく4人それぞれのメッセージが本当に「らしさ」に溢れてて、あれからどうしてたのか気になってた4人の今が知れて、少し落ち着く切欠になりました。
わたしよりもうんとうんと辛いはずの4人が、また立ち上がろうって力を振り絞って毎日を過ごしてるんだね。
言葉にするのは難しいはずの思いを届けてくれてありがとう。

初日の2月17日は娘ちゃんのお誕生日なので、お誕生日にSHINeeと過ごせたら幸せ!ということでその日に申し込んでいたんですが、ぶじに当選してました。
わたしのSHINee運の強さ健在。
でも嬉しさと同じくらい戸惑いもあって、どんな気持ちで開演を待てばいいのか、冷静にライブを見れるのかすごく不安で……そんな中、キー君が久しぶりにインスタをアップしてくれました。
自分のこれからの決意と、それから、不安定な気持ちでいるファンを安心させるための言葉。何をしても何をどう考えても前向きになりきれなかったのに、このキー君のインスタで、すうっと心が軽くなりました。
キー君、また助けてくれたんだね(;;)


「(ジョンヒョンと)今すぐ会えないのは悲しいですが、街角をふりかえれば兄さんが待ってるということを、僕はあまりにもよく知っている」
「いつもより頑張って、兄さんの不在感を埋めるというより、兄さんをいつも感じながら活動したい」


ああ、そうだよね。別にすぐに思い出にする必要なんてないんだよね。
それに、すぐそこにジョンがいる。そう思うと不思議と淋しさがちょっと和らぐね。
ジョンは今でもすぐそこで、いつもの優しい笑顔でみんなのこと見てるんだね。
姿が見えないだけでジョンの存在を感じながら生きてる4人。現実を受け入れ始めて、今できる精一杯でまた歌ってくれようとしてる4人。
目に見えるのは4人だけど、17日のドームのステージはきっと5人のステージだね。
本当に不思議とキー君の言葉で気持ちが落ち着きました。ありがとう、キー君。
最後に書かれてたキー君からのお願いごと。


「いつどこでどんな姿で僕たちに会っても、いつもの普段のように接して愛してくださると嬉しいです」


うん。それが正解だよね。
どんなふうにライブを見ればいいんだろうなんて考えなくてよくて、ただいつも通りに。
まだちゃんとはできないかもしれないけど、いつもみたいに大きい声でみんなの名前を呼ぶし、掛け声するし、可愛い可愛いって、たくさんはしゃぐね。
今は普通が一番難しいけど、普通が一番うれしいよね。
キー君に言わせてしまって申し訳ない(><)
4人とシャヲルで乗り越えよう。はじめはぎこちなくても、ちゃんとはできなくても、少しずつこれまで通りに近づくように。

またこの記事もまとまりのない、ひたすら暗い言葉の羅列になってしまいましたが、もうこれで終わりにします。
ジョンヒョンを応援した3年間を悲しいものにしたくない。これからもまだまだ続くSHINeeの活動を、今までみたいにキラキラばっかりの気持ちで見守りたい。
ジョンの遺書を読んでから、ずっとずっと言わなきゃって思いながらも、言ってしまうとジョンの死を受け入れることになるから言えなかった言葉を、ジョンが望んでた言葉を、ちゃんと言いたいと思います。

くらーい言葉と同じ場所に残したくないので、次の記事で。
(長々とごめんなさい)

まとまらない話し。

2017・12・28


ジョンヒョンがいなくなってしまってから10日が経ちました。
まだたったの10日な気もするし、もう10日も経った気がするし……ただ困ったことに、受け入れるどころか日に日にぜんぶ嘘だったんじゃないかなって思えてしまいます。
本当にいなくなっちゃったんだなって、まだ思えないです。思える日が来る気もしないです。
そう言えば、パパが亡くなった時も全然信じられなくて、目の前で起きてることなのにすごく現実離れした事みたいに思えて、実感が湧かないまま何年も過ぎて、そのうちにそのまま会えない生活が当たり前になっていって今に至ってる気がします。
何年も離れて暮らしてたし、ママには会っても忙しくしてたパパには頻繁に会えてたわけじゃないので、パパに会わない生活はすごく自然で、お葬式やらのあれこれが終わってしまったらもう、本当にいつも通りだったわけです。
なのでジョンヒョンの事もそうなんだろうなと思います。
年に2度ずつくらいライブで会う以外は、海の向こうにいるジョンヒョンをSNSやネットで見る生活はいつもの事だから、全く実感がないです。
今年のうちに気持ちの整理をつけておきたくて、ブログに残そうと思ってパソコンを開いたものの、だから何を書いたらいいかわからないです。本当にまったく実感が湧かなすぎて。


なんでなの?って気づいたら声に出てしまうくらいに、あの日から今日まで、なんでこんな事に……って考えても答えが出ないことを何度も考えてみて、考えても考えても答えなんて出るはずなんてなくて、ひたすら苦しくて、でも悲しいくらいにわたしの生活はなんの変化もなく過ぎていきます。
変化と言ったら、娘ちゃんの部屋に飾ってあったSHINeeのポスターとジョンヒョンのグッズが片づけられた事くらいです。SHINeeはオニュから入って、そこからジョン寄りだった娘ちゃん……ジョンヒョンの歌声が大好きで、初めて自分で買ったCDがジョンのソロアルバムでした。
テスト勉強をするときは必ずジョンの声がBGMで、習いごと帰りの電車でも必ずジョンの歌を聞いていました。ジョンの声は癒される〜、だそうです。
そんな娘ちゃんは二日間泣いて目を腫らしていたのに、今はけろっとしています。考えると悲しいじゃん、だから考えないの、って。
あら、そう。でもそれ、すごく単純ですごく難しくない?
わたしは未だに途方に暮れてるっていうのに、驚くほど前向きです。若いからじゃない?って娘ちゃん……あながち間違いでもない気もします。
クローゼットの中のポスターは、折り目がつかないように真っすぐ綺麗に、ピンと伸ばした状態でしまってあります。冷静に見れるようになるまでは、クローゼットで休憩してもらうの、って。前向きな娘ちゃんの心の奥の悲しみが、胸に痛いです。



ジョンヒョンが鬱なのは周知の事実だったけど、つよし君をひっそり見守ってきたわたしは、この子もあと何年後かには今よりももっと自分らしさを発揮できる場所があるといいな、生きやすい道を歩けてるといいな、生きやすい方法が見つかってるといいな、と思ってたし、なぜだか当たり前にそうなるだろうなって考えていました。
つよし君がそうだったから、漠然とそう思っていました。
ジョンヒョンを知ってからのこの三年、ジョンにつよし君を重ねて見てたなんて言ったらどちらのファンからも怒られるかもしれないけど、つよし君が過去に抱えてたストレスとか、それに関する発言にすごく似ていることをよくジョンヒョンも言っていて、曲調とか歌詞とか歌声の変化とかも似ている部分があったりして、だからこっそり胸の中で、そういう事を聞くたびに(あとちょっとだよ、頑張れ!!)と思ってたりしてたのです。
今となってはなんでそんな事が思えてしまってたのか……。
でも馬鹿みたいにそんな風に思っていたので、今回の事が本当に衝撃的でした。
誰かと誰かの痛みが一緒であるはずなんてないし、比較しちゃいけないし、人の痛みや苦しみって計り知れないのに。
その人それぞれの限界値があって当たり前で、それはどれだけ親しくても把握するのは難しい。
苦しかったね。辛かったね。
ジョンヒョンが友人に託した遺書が、切なすぎました。
少しでもジョンの気持ちを分かりたくて何度も読んだんですが、何度読んでも胸が痛くなります。
後で知っても遅いのに、こうなってから知るSOSの数々……誰かに助けてほしかったね、救われたかったよね。

こんなにも悲しい決断に至った理由を、わたしなんかが分かるはずがないんですよね。
なんでこんなことに……ってどれだけ考えても、わたしなんかがわかるがはずがない。
その全部をきちんとわかることは絶対にない。
ジョンヒョンがこうするしかなかったほどの苦しみをわたしが理解できてたとしたら、もっと近くにいるジョンヒョンを愛していた人たちが理解できてたはずだから、わたしがどれだけ「なんでなんだろう」って考えても、わかるはずがないんですよね。
だから考えても仕方がないのに、それでも考えてしまいます。
なんで死んじゃったの。
何回でも思います。なんで死んじゃったの。

ジョンヒョンだってどれだけ周りの人に愛されて必要とされてたか分かってたはずで、それでも孤独だったのは、抱えている苦しみを共有できる人がいなかったからなのかな。
慰めてくれる人がいても、寄り添ってくれる人がいても、愛してくれてる人がいても、その人達に苦しみを訴えてみたところで、その100%がそのまま伝わることなんてなくて、伝わる気もしなくて……周りに愛をくれる人はたくさんいるのに、自分の中にある苦しみの深さは自分にしかわからなくて、だからジョンはきっとすごく孤独だったんだね。
愛されてるのにそれでも孤独なら、もう縋るところがなかったね。
ジョンは自分が出来るだけのことを全部やって、努力しきって、頑張れるだけ頑張って、我慢できるだけ我慢したから、あるときふっと何かが吹っ切れて、もうよくやったよねって最期を決めたのかな。

最期の日があの日だったのが、ジョンの優しさのように思えます。
メンバー全員分のお誕生日もきちんとお祝いして、可愛いマンネのソロライブも見届けて、キー君の授賞式も見届けて、収録や撮影も全部終わらせて、ソロライブも成功させて。
あの最後のソロライブは、まだこんな事になるなんて知るはずもなかったあの時にネットに流れてきた映像を見て、すごく良くて。その時にはもうそうする決断をしていたなんてとてもじゃないけど微塵も思えない、素敵な姿でした。
いつも通り格好良くて可愛くて、感動して。
あのライブの時にはもう自分の人生の最期を決めてたわけで、ジョンはどんな気持ちであのステージに立って歌ってたんだろうと思って、こうなってから改めて映像を観るとすごくすごく辛いです。
死ぬ日を決めて残りの時間を過ごすって、どんな気分だったんだろう。
もしかすると、苦しみからやっと逃れられる終着点が見えて、清々しくすらあったのかな……分かりません。


まったく実感が湧かないのに、切なさや悲しさにはきちんと襲われるという、わけのわからない状態が続いています。
もう5人並んだ姿が見れないなんて、うそみたい。
テミンちゃんを、可愛い可愛いっていう気持ちを隠そうともしないあの眸で優しく見つめるジョンがもういない。
オニュさんを横でそっとサポートするジョンももういない。
キー君の我儘を、仕方ない子だね、わかったよ、って聞いて甘やかしてくれるジョンがいない。
ミノの子供っぽい悪戯にのっかって子供みたいにはしゃぐジョンがいない。
たった1日、ジョンが体調不良でライブに出れなかっただけで、ジョンが恋しくて会いたくなっちゃったキー君。恋人同士みたいな感覚?って聞かれて、その時はそんな感じだった、って言ってたキー君の、出棺の時のあの涙が頭から離れなくて、すごくすごく苦しいです。
それなのにキー君、ジョンの気持ちを考えたら、この決断を少し理解できるって……ジョン本当に愛されてるよ(;;)
独りであるはずがないのにそう思ってしまうところも病気のせいだから、どうかあの遺書にあった”独りだった”っていうフレーズで、周りの方達が苦しんでいませんように……。

ああどうしよう……予想通りまったく話しがまとまらなくて、書きながら悲しすぎて涙で前が見にくいです。
最初で最後だから言っちゃうけど、ほんとのほんとのほんとは、なんで死んじゃったんだよばかあああああああ!!!!
です。
生きてて欲しかった。
歌をやめてもテレビの世界からいなくなってもなんでもいいから、ただ生きててほしかったです。どこかで元気に暮らしててほしかった。
残された4人のあんな悲しい顔、見たくなかった。
でも、なんだよね。
それでも、わたしもこの10日の間に、ちょっとはジョンの気持ちが理解できてきちゃったから、よけいに悲しいんです。
最初は、なんでなの、ばかばかばかばか、死んじゃだめじゃんばかばかばかばか、一番やっちゃいけないことだよなんでなの!
って思ってたのに、この10日間、時間をかけてひたすらジョンの気持ちをちゃんと考えてみると、この終わりは仕方なかった事なのかな、って、思えてきています。
キー君、さすがだね、あんなに辛い状況の中でも、すぐにジョンの気持ちを理解できてしまったなんて、本当にさすがだね、って、そう考えるとまた切ない。
理解したくないけど、できてしまうことが、死を認めてしまうことのようで切ない。
本当にまったく考えがまとまらない。書いてるうちに少しは脳内が整理されるかと思ったのに、そう簡単にはいかないです。
ジョンがいない。
わたしが生きたこの世の10日間をジョンは知らない。明日も、明後日も明々後日も、ジョンはこの世界を知らない。




2018・01・07


頭の中がぐちゃぐちゃで、上の続きがどうしても書けなくて放置されていた記事ですが、少しでも前向きな思考に戻れるようになんとか記事を終わらせたい。
驚くほど虚無感がすごいです。
家族ももうほとんど呆れるくらい、いまだに、たとえば毎日の習慣の一つみたいに「ジョンなんでいなくなっちゃったんだろう」「4人はどうしてるかな」って呟いてしまいます。
いい加減やめようと思うのに、やっぱりどうしても考えてしまいます。綺麗な空を見ても、美味しいものを食べても、ジョンはこの楽しさとか素晴らしさに、もう触れることはないんだな、って、すごく残念に思ってしまいます。
そんな考えがすごく身勝手だと分かっていながらも。
これ、このまま書いてると上に書いてあるのと変わらない、なんの変化も進歩もない文章になってしまいそう。
わたしの脳みそがどうなってしまうのか、誰か教えてください。